FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ただ今職場で、原田マハがブームです。

特に「本日は、お日柄もよく」や「楽園のカンヴァス」が話題になっています。

ファンの私としては、マハさんの本を一緒に語れる人が増えてとても嬉しい!!

そんな中、何かと馬が合う読書家の同僚&友人が、この本を貸してくれました。



面白かった!!

まさにマハさんならでは、の一冊。

一枚一枚の絵をとてもわかりやすく豊かな言葉で表現してあり、絵の観方を教えてもらえました。

あまり自分の好みじゃないなぁという画家の絵も、この本を読むと、気になって実物を観たくなってしまいます。

メキシコの画家フリーダ・カーロが取り上げられていたのも嬉しかった。。。

これまであまり興味がなかったパリに行ってみたくなった。。。

今までほとんど知らなかったモランディやポロックの絵をもっと観たくなった。。。

東山魁夷の『風景との対話』という本も欲しくなった!!

絵を鑑賞する自分が立っているまさにその位置に画家が立っていたのだという気付きにも感動して、ちょっとドキドキしてしまいました。

まずは、この本に載っている画家たちの画集を図書館に探しに行こうっと。


スポンサーサイト
麻の葉柄の絞り風コットン生地。。。
布地

洋裁好きだった母の形見です。

とてもきれいな色なんだけど。。。

和柄でシングル幅なので、どんな服にしたらいいのか迷ってしまって。。。

押入れの片隅でずっと眠ったままでした。

猛暑続きの今年の夏、さらりと着られるワンピースが欲しいなぁ~と思っていた時にこの生地のことを思い出し。。。

仕事が休みの今日、朝から久しぶりに針仕事。

お母さん、ありがとう!やっと形になったよ。
ワンピース

ほぼイメージ通りのものができて、満足、満足。

ボタン付けもファスナー付けもなしの、超簡単服。

布地のほか、針も糸も接着芯もゴムも全部家にあったものを使ったので、材料費はゼロ!

参考にした本は。。。


このスタイルブックの中の、「フレンチスリーブワンピース」(P.6)の身ごろと、「ドルマンワンピース」(P.18)のスカート部分をくっつけて作りました。

確かにさっと作れた!すっと着られそう。。。

サルスベリ(百日紅)の花が咲いています。
サルスベリ1小

サルスベリ2小

ポルトアレグレの散歩道でもよく見かけたので。。。
百日紅 街路樹1

とても懐かしい!

そして、この花の時期はやっぱり暑い!!

「又しても百日紅の暑さ哉」(正岡子規)

今日のじぶん弁当は、夏野菜をたくさん使って。。。
8月3日
 ◇鶏もも肉となすとピーマンのピリ辛炒め
 ◇きゅうりと青梗菜と大葉とハムのサラダ
 ◇かぼちゃの甘煮
 ◇ミニトマト

蝉時雨の中、日傘をさして元気に行ってきます!

ここ数年、5~6月にかけては日本にいなかったので、

今年は久しぶりにあちこちで満開の紫陽花を堪能できました。
紫陽花1

故郷長崎。。。

グレープ(さだまさし)の「紫陽花の詩」。。。

長崎銘菓の「おたくさ」。。。

などなど思い出して、懐かしさでいっぱいになりました。

「アジサイ」「オタクサ」をウェブで検索中に偶然見つけたこの本。



おたきさん(瀧)とシーボルトの愛の物語だけではなく、

瀧と間宮林蔵、こよ、良斎先生など魅力的な人たちとの出会いとそれぞれの物語、

そしてシーボルト事件へ…

と話が展開し、歴史小説としても面白かったです。

凛とした瀧の姿には思わず涙。

懐かしい故郷長崎の風景の中で、登場人物が生き生きと動き、まるで映画を観ているような感じで読みました。

著者の高田宏治氏は、映画「極道の妻たち」や「鬼龍院花子の生涯」などの脚本を手掛けた脚本家だと知って納得。

今度長崎に帰ったら、鳴滝のシーボルト記念館にも足をのばしてみよう。。。

西国分寺駅で友人と待ち合わせをして。。。

素敵なカフェ「クルミドコーヒー」でランチ。

それから、武蔵国分寺公園を通って、清流沿いの小径「お鷹の道」をのんびり散策。

せせらぎの音といろいろな種類の紫陽花と楽しいおしゃべり。
紫陽花1

紫陽花2

紫陽花5

心癒される散歩道です。
紫陽花4

そして最後は、殿ヶ谷戸庭園へ。

美しい回遊式庭園。。。
殿ヶ谷戸庭園

福山雅治の歌じゃないけれど、東京にもあったんだ~、こんな長閑な場所が。。。

とても楽しく、穏やかな時間を過ごすことができました。

武蔵野、まだまだ魅力的な場所、癒しのスポットがたくさんありそうです。

三鷹駅から井の頭公園に向かう玉川上水沿いの「風の散歩道」。

紫陽花が綺麗に咲いています。
紫陽花2

故郷長崎を、育った家を、そして亡き母を思い出す花。。。

家の庭にあったのは、こんな感じの額紫陽花でした。
ガクアジサイ1

まるい紫陽花じゃないのが不満で、母に「どうしてウチの紫陽花は真ん中が咲かないの?」と聞いたこともあったっけなー。

子どもの頃の思い出とともに、頭の中ではさだまさしの「紫陽花の詩」がリピート状態。

蛍茶屋、鳴滝、中川、思案橋、眼鏡橋、賑橋、南山手、新地、出島。。。

おらんださんの置き忘れ。。。

あー、懐かしかぁ~。

こんな綺麗な額紫陽花を見つけました。
ガクアジサイ2

そして、吉祥寺教会の庭には渦紫陽花が。。。
渦紫陽花

雨の季節はちょっぴり鬱陶しいけど、紫陽花にはやっぱり雨が似合います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。