相変わらずの乱読ですが、今月読んだ本の中から面白かった小説を。。。


☆「蜜蜂と遠雷」恩田陸著


祝直木賞受賞!ピアノコンクールの話ということで受賞前から興味があったのですが、受賞で話題になったので次の帰国まで待ちきれず、日本から送ってもらいました。

読みながらのこのワクワク感、久しぶりでした。一気に読むのがもったいなくて、エントリーと第一次予選、第二次予選、第三次予選、本選と、それぞれ一日ずつかけて、まるで会場にいる観客になった気分でドキドキしながら読みました。ステージで演奏される音楽を、そしてそこに繰り広げられる物語を想像しながら。。。早く結末を知りたいと思う一方で、あー、もうすぐ終わってしまうという寂しさもあり、読了した今はロス状態ですが、どっぷり入り込んだので、心地よい疲労感に満たされています。私にとって、今年(と言ってもまだ2月ですが)最高の一冊です。


☆「舞台」西加奈子著


自意識過剰な29歳の葉太が、初めての海外旅行でニューヨークへ行くのですが、初日に盗難に遭い無一文に。他人の眼を気にするあまり、今何をすべきなのか、こんなことをして大丈夫か、本当は何をしたいのかすらわからなくなってしまう。。。

私自身にもこういう自意識過剰なところがかなりあり、主人公と自分を重ねてすごく恥ずかしくなったり嫌悪感を抱いたりする一方で、そんな主人公(自分?)の姿を客観的に見て「アホやなぁ」と思って苦笑したりも。かなりイタい話でしたが、面白かったです。そもそも演じることなく生きている人っているの?、「ありのまま」の自分ってどんなの?、自分は一体どんな人間になりたいの?、などと思考が深まり、哲学することができた本でした。


☆「勇者たちへの伝言」増山実著


今はなきプロ野球チーム阪急ブレースのホームグラウンドだった西宮球場。父との思い出の球場跡に導かれるように向かった主人公の意識は、過去へと飛んでいき。。。

西宮は出産・子育てをした思い出の街なので、阪急神戸線の夙川、西宮北口と出てきて、「うわー、懐かしい!」とワクワクしながら読み始めました。が、すぐに「ん?阪急ブレーブスの熱烈なファンの話?しかも、タイムスリップ?」と、興味半減…したものの、さらに読み進めると、とんでもなかったです。もっと深くて重い話でした。「地上の楽園」を夢見て、海を渡った人たちの現実。自分が平和な日本で幸せな子ども時代を送っていた同じ時代に、かの国ではこんなことが…と思うと、何とも言えない気持ちになります。登場人物が、いつの日か来た道をたどって徐々につながっていき、出会いがあるところに希望を感じました。

スポンサーサイト
2017.02.22 Gingando...
前回の続きになりますが。。。

今レッスンしてもらっている曲は、エルネスト・ナザレの「オデオン(Odeon)」。

20世紀初めに発表された、タンゴ・ブラジレイロ(ブラジル風タンゴ)です。

譜読みはわりと楽だったので、とりあえず先生の前で弾いてみると。。。

「えーっと…(しばしの沈黙)」

それから、

「楽譜の最初に書いてある"gingando"(ジンガンド)って、わかる?一般的な音楽用語ではないんだけど。」と。

odeon楽譜

うーん、わかんない。実はそう書いてあること自体、全然気づいてなかった。

「"gingar(ジンガール)"ってのは、揺れるというか、何といったらいいかな…とにかく、"gingar"はジンガールなんだよなぁ。」

今日は辞書持ってないし、困ったな。。。

「あなたのは、リズムの刻み方がきっちりし過ぎてて固い。縦にトントン刻む(左の掌を右手で包丁のようにたたく)んじゃなくて、横にシャカシャカ刻む(左の掌を右手でこする)んだよね。」

と、振り付きで繰り返し説明してくださっているうちに、あっ!

昨年見た映画「ペレ 伝説の誕生」の一場面が、頭にパッと浮かんだ。

ジンガだ~!

「サッカーのスタイルでも使う言葉ですか?」と聞くと、

「そうそう、まさにそれ!」

「あー、あれですね!わかりました!!」

と、すっきりすると同時に、心の中で「こりゃ、私には無理だわ…」というつぶやきが。

ホナウジーニョとかネイマールの華麗なステップを頭に浮かべると、ちょっぴり感覚つかめるような気がしたけれど、実際に弾いてみると、すぐにけっつまずいてしまってボロボロになり。。。

「何か、こわれちゃったみたいです。」(苦笑)

先生いわく、

「とにかくまずはたくさん聞いて、感覚をつかむこと。そして繰り返し練習すること。外国語の習得も同じだよね。」

はぁーー。

いまだにポルトガル語に苦労している私には、耳が痛い。

語学や音楽に限らずスポーツにしても何にしても、習得するためには、たくさん聞いて(あるいは見て)、お手本を真似しながら、繰り返し練習することが基本なんだよなぁ。

わかっちゃいるんだけど、なかなか長続きしない。

「継続は力なり」か。。。

ポルトガル語の習得はとうにあきらめている私だけど、果たして"gingando"は習得できるんだろうか。

音楽に臨界期、ないといいんだけどな。

まあでも、上手くなるならないは別にして、とにかくたくさん聴いて弾いて楽しもうっと。

週に一度、この音楽学校に通っています。
Tio Zequinha2(小)

せっかくブラジルにいるのだから、ボサノバの有名な曲をピアノで弾けるようになったらいいなと思って通い始めたのですが、今は19世紀後半から20世紀初めに作られたブラジル人作曲家の曲を教えてもらっています。

ブラジル音楽の独特のリズムを知るのには、ショーロやタンゴ・ブラジレイロ(ブラジル風タンゴ)が面白いよ、と先生に勧められ。。。

まずは、ブラジル人ならほぼ誰でも歌える曲らしいピシンギーニャ(Pixinguinha)の「カリニョーゾ(Carinhoso)」。

次に、「ブラジル大衆音楽の母」と言われる作曲家シキーニャ・ゴンザガ(Chiquinha Gonzaga)の「ガウーショ(Gaucho)」。

そして今練習中なのは、エルネスト・ナザレ(Ernesto Nazareth)の曲。

短い曲が多く、一見そんなに難しそうではないのですが、

なかなかリズムに乗れない。。。

音が飛び過ぎていてきちんと打鍵できず、テンポも保てない。。。

左手と右手のタイミングが上手くつかめない。。。

和音の連打が多く、力が入ってしまう。。。

などなど、かなり苦労しています。

でも、確かに面白い!

タンゴ・ブラジレイロというジャンルも初めて知りました。


*エルネスト・ナザレの作品一覧→Ernesto Nazareth 150 anos

*音楽学校"Tio Zequinha"のサイト→Escola de Música Tio Zequinha
Tio Zequinha1(小)
まだまだあります、散歩中に見つけた「き(木&気)になる実」。

こんなのとか。。。
木の実1

これ。。。
木の実4

そして、こんなのも。。。
木の実3

これは。。。もしかして、マンゴ??
木の実2

2月に入って、風が少し涼しくなってきました。

ちょっぴり秋の気配。

こちらは今日2月2日は祝日で、銀行や会社もほとんどがお休み。

と言っても、全国的な休日ではなく地域限定のもので、ポルトアレグレでは"Festa de Navegantes"(ナベガンテスの祭り)が行われる日です。

これは、ポルトアレグレの守護者である"Nossa Senhora dos Navegantes"(航海者たちの聖母マリア)のための宗教的お祭りで、今年は142回目だそう。ってことは、始まったのは19世紀後半?

今日は朝の8時から、船に乗せた聖母マリアの像をかかげた行列が行われます。⇒Festa de Nossa Senhora dos Navegantes

昨年は14万人ほどの人手でにぎわったとのことで、今年も14~15万の人たちが集まると予想されています。

ナベガンテスの聖母マリアへの信心は、15世紀に主にポルトガル人やスペイン人の航海者たちの間で、航海の守りを聖母に祈ることから始まり、ブラジルでは、アフリカの土着宗教を源とする民間信仰「カンドンブレ」の海の女神「イエマンジャ」とも融合したようです。

2月2日は、カトリックでは「主の奉献」("Apresentação do Senhor”)の祝日ですが、メキシコでは、2010年2月2日付ブログに書いたように、アトーレを飲みタマーレスを食べる日でした!

同じカトリックの国と言っても、その土地特有の行事や慣習があるんですね。

毎朝、近くの公園まで散歩&ジョギングしてます。

今は、街路樹の花が美しい季節。

家の前のサルスベリの花も満開!
百日紅 街路樹1

白や薄紫のも見かけるけど、この色が一番多いです。
百日紅 街路樹2

ハイビスカスや。。。
ハイビスカス1

キングサリも。。。
キングサリ(キバナフジ)1

ん?この木、大きな実がたくさん!
ビヨウタコノキ1

近づいて見ると、丸くてパインみたいな実。
ビヨウタコノキ2

家に帰って調べてみたら、パンダヌス・ウティリス(「美容タコノキ」)だと判明。

日本から持ってきた植物図鑑には載ってなさそうなので、「丸い実 パインみたい」でネット検索したら、一発で出てきました。

何て便利な世の中になったんでしょう。

子どものころから、木に実がなっているのを見つけると、何だかとても嬉しくなってしまう。

とある木の下で、「これはなんだろう?」と立ち止まって見上げていたら、通りすがりの散歩中のおじさんに、「その実は食べられないよ~」と言われてしまった。

なはは、もの欲しそうな顔、してたかも。。。